デンタルローンでゆとりある歯科治療

本当はインプラントがしたい。

入れ歯にはしたくない。


ブリッジで隣接する健康な歯を削る事に抵抗がある。そんな患者さんが直面するのがインプラントの高額な治療費です。


インプラントは自由診療ですので、検査費用、人工歯根の埋め込みから、さらにその上にかぶせる人工歯まで全てが保険外の治療となります。
自由診療なので基本的には費用は歯科医院が自由に決めることができるのでまちまちですが1本あたりの総額で40万から60万ほどの費用がかかります。
また、高額な治療としては矯正があり、その他にも審美歯科などが高額治療費のかかる治療となります。

高額な治療費を一括で支払うのが難しくこれらの治療を諦めてしまう方は少なくありません。



迷いながら日にちばかりが経ってしまう方もいます。

日本経済新聞のことなら、こちらをご参考にしてください。

そんな中でデンタルローンを活用する方が増えています。

ローンを利用し、治療を行い、少しずつ返済していくことができます。


デンタルローンは歯科治療費に使い道が限定されますが、金利はフリーローンやカードローンと比較しても低く設定されています。


また回数も多いので無理なく返済できることもデンタルローンを利用するメリットです。
申し込み方法は信販会社や取り扱っている銀行によって異なります。


手続きは難しくありませんが、申し込み資格があり、20歳以上の安定した収入のある方に限られています。

インプラントを分割のオススメ最新情報を幅広く集めたサイトです。

未成年や収入のない学生の場合は保護者が申し込み必要があります。
またデンタルローンの利用には審査があります。

またローンに対応している歯科医院でないとデンタルローンは使えませんので、窓口や電話であらかじめ問い合わせておく必要があります。